今だけ50%OFF

メイクオフまで60秒!古びた角質とおさらばしてあなた本来のツヤ肌へ

詳細はこちら

ビューティークレンジングバームの副作用は大丈夫?全成分を1つ1つ解説

ビューティークレンジングバームの全成分 ビューティークレンジングバームの全成分

ビューティークレンジングバームの全成分が気になっているあなたのために1つ1つ成分を解説します。

ビューティークレンジングバームに苦手な成分が入っていないか確認したい方は参考にしてみてください。

  1. ビューティークレンジングバームの全成分を1つ1つ解説
    1. パルミチン酸エチルヘキシル
    2. トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
    3. トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
    4. 炭酸ジカプリリル
    5. ポリエチレン
    6. (カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル
    7. トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル
    8. ペンチレングリコール
    9. ラベンダー油
    10. トコフェロール
    11. ダイズ油
    12. カミツレ花油
    13. BG
    14. アスコルビルグルコシド
    15. カニナバラ果実油
    16. オリーブ果実油
    17. 乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液
    18. 乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液
    19. ニンジン根エキス
    20. グリセリン
    21. カルボキシメチルヒアルロン酸Na
    22. セラミドAP(又はセラミド6Ⅱ)
    23. セラミドNG(又はセラミド2)
    24. セラミドNP(又はセラミド3)
    25. ヒアルロン酸Na
    26. プロテアーゼ
    27. 加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル
    28. ノイバラ果実エキス
    29. ハチミツエキス
    30. ヤシ油アルキルグルコシド
    31. ハチミツ
    32. ローヤルゼリーエキス
    33. カンゾウ根エキス
    34. マンダリンオレンジ果皮エキス
    35. オレンジ果汁
    36. プロポリスエキス
    37. アルニカ花エキス
    38. オウゴン根エキス
    39. ローズマリー葉エキス
    40. ハマメリス葉エキス
    41. マドンナリリー根エキス
    42. センチフォリアバラ花エキス
    43. メマツヨイグサ種子エキス
    44. ユキノシタエキス
    45. 加水分解コンキオリン
    46. 加水分解シルク
    47. 加水分解ダイズエキス
    48. リンゴ果実培養細胞エキス
    49. ゼニアオイ花エキス
    50. トマト果実エキス
    51. レモン果実エキス
    52. タチジャコウソウ花/葉エキス
    53. アロエベラ葉エキス
    54. ザクロ果実エキス
    55. ゲットウ葉エキス
    56. ヒアルロン酸クロスポリマーNa
    57. ビルベリー葉エキス
    58. キサンタンガム
    59. アーチチョーク葉エキス
    60. 塩化Na
    61. レシチン
    62. フェノキシエタノール
  2. まとめ

ビューティークレンジングバームの全成分を1つ1つ解説

パルミチン酸エチルヘキシル・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル・炭酸ジカプリリル・ポリエチレン・(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル・トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル・水・ペンチレングリコール・ラベンダー油・トコフェロール・ダイズ油・カミツレ花油・BG・アスコルビルグルコシド・カニナバラ果実油・オリーブ果実油・乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液・ニンジン根エキス・グリセリン・カルボキシメチルヒアルロン酸Na・セラミドAP (又は セラミド6Ⅱ)・セラミドNG (又は セラミド2)・セラミドNP(又は セラミド3)・ヒアルロン酸Na・プロテアーゼ・加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル・ノイバラ果実エキス・ハチミツエキス・ヤシ油アルキルグルコシド・ハチミツ・ローヤルゼリーエキス・カンゾウ根エキス・マンダリンオレンジ果皮エキス・オレンジ果汁・プロポリスエキス・アルニカ花エキス・オウゴン根エキス・ローズマリー葉エキス・ハマメリス葉エキス・マドンナリリー根エキス・センチフォリアバラ花エキス・メマツヨイグサ種子エキス・ユキノシタエキス・加水分解コンキオリン・加水分解シルク・加水分解ダイズエキス・リンゴ果実培養細胞エキス・ゼニアオイ花エキス・トマト果実エキス・レモン果実エキス・タチジャコウソウ花/葉エキス・アロエベラ葉エキス・ザクロ果実エキス・ゲットウ葉エキス・ヒアルロン酸クロスポリマーNa・ビルベリー葉エキス・キサンタンガム・アーチチョーク葉エキス・塩化Na・レシチン・フェノキシエタノール

こちらがビューティークレンジングバームの全成分の一覧です。

それぞれ解説していきます。

パルミチン酸エチルヘキシル

ベース剤として使われることが多い油性成分・エステル油の1つ。

エステル油は天然油脂に比べて酸化安定性に優れていて伸びが良い。

水分蒸発を防ぎお肌を保護するエモリエント効果がある。

安定性に優れていて油っぽい感じが少なくさっぱりするので、クレンジングによく使われる成分。

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

ベースとして使われることが多い油性成分・エステル油の一種。

エモリエント効果や化粧品の感触をさっぱりさせる目的などで配合される。

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル

非イオン界面活性剤。安全性が高く乳化させる力が高いので、クレンジングによく使われる。

界面活性剤には陽イオン、陰イオン、両性、非イオンの4種類があり、非イオンはその中でも低刺激な特徴がある。

炭酸ジカプリリル

油性成分・エステル油の一種。

ポリエチレン

油性成分・炭化水素の一種。

炭化水素は油性成分の中でも特に酸化に強く、乳化しやすい。

硬さや耐熱性を上げる役割がある。

(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル

油性成分・エステル油の一種。

トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル

非イオン界面活性剤。

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルより分子量が小さい。

多くの化粧品のベースとなる成分。

水に様々な成分を溶かし化粧品となる。

ペンチレングリコール

代表的な水性成分の1つで保湿作用がある。抗菌性も兼ね備えている。

ラベンダー油

ラベンダーから取れ、香りづけなどに使われる精油。

トコフェロール

ビタミンEのこと化粧品の酸化を抑える。

ダイズ油

大豆の種子から取れるオイル。エモリエント効果がある。

カミツレ花油

カミツレの花から取れ、香りづけなどに使われる精油。

BG

代表的な水性成分の1つ。多くの化粧品のベースとなる保湿成分。抗菌性も兼ね備える。

アスコルビルグルコシド

ビタミンC誘導体の一種。安定性が高い特徴がある。

カニナバラ果実油

カニナバラの果実から取れるオイル。エモリエント効果がある。

オリーブ果実油

オリーブから取れる植物オイル。エモリエント効果がある。

乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液

西洋梨の果汁を発酵させた成分。保湿やお肌をなめらかにする役割。

乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

ブドウの果汁を発酵させた成分。保湿効果。

ニンジン根エキス

保湿やお肌を整える。

グリセリン

水性成分。代表的な化粧品の保湿剤。

カルボキシメチルヒアルロン酸Na

従来のヒアルロン酸より多くの水分を取り込めるように網目の隙間を増やしたヒアルロン酸。

セラミドAP(又はセラミド6Ⅱ)

ヒト型セラミドの一種。

セラミドは水分を掴む力が保湿成分の中でもトップクラスに高い優秀な成分。

セラミドNG(又はセラミド2)

ヒト型セラミドの一種。

セラミドNP(又はセラミド3)

ヒト型セラミドの一種。

ヒアルロン酸Na

代表的な保湿成分。

プロテアーゼ

タンパク質分解酵素のこと。古い角質の除去が期待される成分。

加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル

ヒアルロン酸にバリア機能にアプローチする機能を付け加えた保湿成分。

ノイバラ果実エキス

保湿やお肌の引き締め、抗菌など幅広い作用。

ハチミツエキス

保湿効果。抗菌や抗炎症のサポートも期待される。

ヤシ油アルキルグルコシド

非イオン界面活性剤。界面活性剤の中では非常に低刺激。

ハチミツ

保湿。

ローヤルゼリーエキス

アミノ酸やビタミン、ミネラルなどを豊富に含む。保湿、ハリを与える成分。

カンゾウ根エキス

漢方にも使われる甘草の根から取れるエキス。お肌を落ち着かせてくれる。

マンダリンオレンジ果皮エキス

お肌を整える成分。

オレンジ果汁

保湿、お肌の引き締め。

プロポリスエキス

健やかにお肌を整える。

アルニカ花エキス

キク科の植物のアルニカの花から取り出したエキス。

お肌を健やかに保つ作用が期待される。

オウゴン根エキス

保湿、お肌の引き締め、抗菌作用などがある。

ローズマリー葉エキス

抗菌性、お肌を健やかに整える作用が期待される。

ハマメリス葉エキス

お肌を引き締める作用。

マドンナリリー根エキス

保湿、お肌を整える。

センチフォリアバラ花エキス

保湿、抗菌作用がある。

メマツヨイグサ種子エキス

ハリ感や弾力感に働きかける。

ユキノシタエキス

保湿、抗菌、抗炎症など幅広い作用が期待される成分。

加水分解コンキオリン

真珠の貝に含まれるタンパク質を水で分解したエキス。

アミノ酸が豊富で保湿作用がある。

加水分解シルク

アミノ酸を豊富に含み保湿作用がある。

加水分解ダイズエキス

肌に潤いやハリを与える成分。

リンゴ果実培養細胞エキス

年齢に合わせたお手入れ・エイジングケアにも注目されている成分。

腐らないリンゴから取れるエキスとして有名。

ゼニアオイ花エキス

保湿、お肌を整える作用など。

トマト果実エキス

保湿、お肌の引き締め、抗酸化など。

レモン果実エキス

保湿、お肌の引き締め。

タチジャコウソウ花/葉エキス

保湿、お肌の引き締め、抗菌などの作用。

アロエベラ葉エキス

保湿、お肌を整える作用など幅広い効果が期待される成分。

ザクロ果実エキス

保湿や美肌の作用が期待される成分。

ゲットウ葉エキス

エモリエント作用や抗酸化などが期待される成分。

ヒアルロン酸クロスポリマーNa

ヒアルロン酸を高分化したもの。潤い感が強い。

ビルベリー葉エキス

エイジングケアを意識した化粧品に配合されることが多い成分。

キサンタンガム

天然の増粘剤。

アーチチョーク葉エキス

お肌の引き締めや明るい印象を期待して配合される。

塩化Na

一般的に塩として認識される成分。厳密には食塩はミネラルを複数含むので異なる。

化粧品では粘度の調節や乳化の安定に使われる。

レシチン

天然の界面活性剤。お肌のラメラ構造に近いので、保湿効果が高い。

フェノキシエタノール

防腐剤。玉露にも含まれて空気の中にも存在する成分。

肌のバリア機能が壊れていると稀に刺激になるケースもある。

まとめ

ビューティークレンジングバームは副作用が気になるような成分はありません。

ただ、お肌のバリア機能が壊れている方が使うとフェノキシエタノールは稀に刺激になるケースもありますので、注意が必要です。

また、植物系成分や精油は化学物質の集合体である芳香成分を含み肌が敏感な場合反応しやすくなります。

心配な方は一度パッチテストをしてからご使用されることをおすすめします。

ビューティークレンジングバームの口コミについてもお伝えしていますので、これから購入を検討されている方は合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました